消火器の法改正

消火器の規格等が改正されました!

改正概要

 近年多発する消火器の破裂事故を踏まえ、消火器の使用期限や廃棄時の連絡先等の安全上の注意事項等について表示を義務付けるとともに、消火器の法定点検において製造から10年を経過した消火器に対する耐圧性能点検が義務付けられました。
 また、消火器の点検基準について、蓄圧式消火器の内部および機器点検開始時期が3年から5年に改正されました。

消火器の技術上の規格省令の改正内容(平成23年1月1日施行)

消火器のラベル表示が変更になります。

消火器

 

住宅用消火器の追加表示事項

ア. 住宅用消火器である旨
イ. 使用時の安全な取扱いに関する事項
ウ. 維持管理上の適切な設置場所に関する事項
エ. 点検に関する事項
オ. 廃棄時の連絡先及び安全な取扱いに関する事項

消火器2

消火器の改正による型式失効(平成23年1月1日施行)

 旧型式の消火器(上記火災の絵表示のないもの)は、2021年12月31日までは設置可能です。2022年1月1日からは型式が失効となりますので設置できなくなります。 

消火器の点検基準の改正(平成23年4月1日施行)

3消火器

製造年から10年経過した消火器、または外観点検において本体容器に腐食等が認められたものは、水圧試験が必要となります。既に製造から10年を経過している消火器は、省令改正後3年毎、水圧試験を実施します。
消火器4

 ※消防法の規定に基づき消火器の設置が義務付けられている建物にかぎります。

消火器のお問い合わせは最寄りの消防署へご連絡ください。