消火器の法改正

火を使用するすべての飲食店に消火器の設置義務化

 平成28年12月22日、新潟県糸魚川市で発生した大規模火災では、消火器の設置義務のない飲食店からの出火であったことを踏まえ、飲食店等に対する消火器の設置基準が見直され、平成31年10月1日から火を使用するすべての飲食店に消火器の設置が義務化されます。

消火器の設置を免除できる装置とは

 火を使用する飲食店のうち、以下の装置があれば消火器の設置は免除されます。

◎調理油過熱防止装置調理油過熱防止装置
 センサーが鍋底の温度を測定し、一定温度で火を止める装置
 ※立ち消え防止安全装置だけでは免除できません。

◎自動消火装置
 異常温度を感知し、自動的に消火薬剤を放出し消火する装置

◎その他の危険な状態の発生の防止および発生時における被害の軽減する安全機能を有する装置
 圧力感知安全装置・・・過熱等によるボンベ内の圧力の上昇を感知し、自動的にボンベが外れガスの供給を断ち消火するものなど。
圧力感知安全装置
 

消火器の設置について

 消火器は最寄りのホームセンターまたはインターネット等で購入できますが、業務用消火器を購入してください。 消火器設置義務化に便乗した悪質な訪問販売にご注意ください。
 また、消火器の設置場所がだれでもわかるように標識を貼りましょう。
 標識はステッカータイプやスタンドタイプなどがあります。  業務用消火器

消火器標識

消火器の点検について

 消火器を設置すると6カ月ごとに点検し、1年に1回管轄する消防署へ点検結果報告書を提出します。
 
また、点検は下記の年数まではどなたでも実施することができます。消火器(加圧・蓄圧)

 蓄圧式消火器・・・製造年から5年まで
 
加圧式消火器・・・製造年から3年まで

 点検要領はこちら・・・PDF
 点検結果報告書ダウンロードはこちら・・・PDF